2017年7月23日 (日)

macOS 10.12.6

遅ればせながら、macOSのマイナーアップデート、10.12.6を入れてみました。iPhoneSEもiOS10.3.3にしました。
特に大きな違いは感じません。

iOSはnormalization問題(UTF-8-MAC問題)への対処がなされてます。 
鍵は、
「Native normalization」と「Runtime normalization」

iOSのAPFSは、純粋なUTF-8でファイル名を格納します。(non-normalized UTF-8)
消去してリストアした場合はNative normalizationになります。(iOS11から)
しかし、HFS+から変換した場合はRuntime normalizationでの対応です。
(iOS10.3.3はRuntime normalizationでの対応。iOS11もRuntime normalizationにも対応)

将来的には全てNative normalizationになるので、アプリ開発者はその準備をしておきましょう。

macOSもAPFSに移行間近ですが iOSがCase-sensitive なのに、MacだけがCase-insensitive がデフォルト、、って部分が気になる。iOSはHFS+の頃からCase-sensitiveだった。MacはHFS+のデフォルトがCase-insensitiveだったので、APFSもCase-insensitiveなのだろう。

私は今(HFS+)もCase-sensitiveで使ってるので、APFSもCase-sensitiveで行くつもり。この件に過去を断ち切るのに未練がないハズのAppleが、妙に神経質なのが気になります。

同様にUTF-8-MAC問題も、「normalization-insensitive」となっており、iOSのように明確に「UTF-8格納」とはなっておらず、アプリがUTF-8で書けばUTF-8だし、UTF-8-MACで書けばUTF-8-MACになってしまう、、という無感知仕様。iOSのRuntime normalizationがOSレベルでの対応なのに対し、アプリ任せだ。

例えば、Sierraでは、FinderはUTF-8-MACだが、ターミナルはUTF-8になってる。

iOSとmacOSでは、Case-sensitive、normalization の移行/対応に違いがありますけど、最後には理想の形に収まってくれれば、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

Linux Mint 18.2

MacBookPro.に、Linux Mint 18.1 で起動できるような外付けHDDを用意しています。 macOSとLinuxのDual・Bootにしてあるんですね。

Linux Mint を使ってての感想。
・Core2Duoの旧型機でも十分な速度で動く。(macOS Sierra よりちょいと速い)
・アップデートマネージャやソフトウェアの管理もよくできている。
・無線LAN、Bluetoothも普通に使える。
・ただし、MacBookPro.で液晶の輝度調整が効かない
・BlueToothマウスの電池消費が激しい

って部分がまぁ特徴としてあるのですが、単一のアプリを立ち上げて使うだけならなかなか快適です。
日本語変換も普通に行えてます。(これはLinuxMintから書き込みです。)

そのMintが、18.2「Sonya」の新盤が出ていました。

Mint18_2

開発スピードが速いのも、Linuxのいい点。 あんまり頻繁だと困るけど、LTSを使ってればひとまず安心感はある。

電力管理がイマイチなのと、Bluetoothマウスの電池がすぐなくなるのがちょいと気になるかな。
「MacintoshにmacOS」で使うのに比べると、専用設計ではない部分でやはり粗さは気になります。
ただ、、この粗さはWindowsマシンと同じようなレベルですかね?

なかなかいいじゃないですか。(^^) UNIX未経験の人でも十分使えるレベルになってきましたかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

Linux Mint BootUp!

MacBookPro.(mid2009)の外つけUSBドライブに「Linux Mint」をインストールしました。 BootLoaderには「rEFInd」をLinuxをインストールしたUSBドライブの先頭にあるvFatのEFIパーティションにインストールしています。内蔵HDD(macOS)には全く手をつけず、Linuxを起動できます。

isoイメージは「linuxmint-18.1-cinnamon-64bit.iso」を使用。1.81GBなので2GBのSDカードにddします。
$ sudo dd if="linuxmint-18.1-cinnamon-64bit.iso" of="/dev/disk1" bs=1m

で、Option+再起動(スタートアップ・マネージャ)SDカードを挿すと「EFI Boot」として認識されるので、インストーラを起動し、外付けDiskを丸ごと指定してLinuxをインストール。

Mint_inst

終わったら再起動してmacOSに戻ります。このままではExt4上のLinuxはMacからは認識すらしません。Terminalからdiskutil listして存在を確認。

Device_list

/dev/disk1 がLinuxのUSBドライブ。これのEFIパーティッション、disk1s1に「rEFInd」を手動で入れます。このEFIパーティッションはvFATなので、macOSから手動マウントできます。

$ sudo mkdir /Volumes/efi
$ sudo mount -t msdos /dev/disk1s1 /Volumes/efi

Delete

中身は、refind_x64.efi を bootx64.efi にrenameしてます。

Bootx64

MacのOpt.起動時の起動可能Diskの認識は、「HFS+またはvFAT」「bootx64.efi」の存在、またはblessされたbootファイルの存在なのですね。

これで起動準備も完了。opt.を押してmacOSを再起動。

Opt_boot

USBドライブのEFIパーティッションが選べるようになってますね。指定してみましょう。

Refind

はい、OKです。 内蔵HDDにはmacOS、USB外付けのLinuxのDualBootになりました。このUSBドライブは、そのまま他のMacにつなげても同じようにLinuxを起動できます。

パーティッション分割なんていう無駄で危険な作業もないし、内蔵HDDのmacOSも手付かずのまま。EFIがうまく機能していますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

High Sierra

Sierra の次は「High Sierra」だそうです。 まさかとは思ったけど・・・

まぁ、CD-ROMの初期のフォーマット規格が High Sierra だったのですよ。だからLeopard→Snow Leopard というパターンもあったのでSierra→High Sierraというのはなんのヒネりも感じません。(ヒネりは求めてない?:笑)

APFSの導入、H.265/HEVCの本格採用・・・あたりかな。JPEGに代わりHEIFという静止画フォーマットも導入される。APFSからのBootはたぶん、EFI→ブートマネージャ→APFSのmacOS という形になるのかな? 同時発表されたMacは全てAPFSからのBootに対応したEFIが搭載されてるはずだ。

iTunesStoreの動画も今後はH.265になっていく? AppleTVもH.265の大画面再生が可能になるのか? あたりは気になるところ。iTunesで管理する動画にH.265が増えていくのでしょうね。H.265対応のAirPlayが「AirPlay2」なんだろうか。

おっと、そのH.265対応済みのffmpegが3.3.2になってました。

Ffmpg

H.265/HEVCの再生はffplayでOKなのです。

Ffplay

AppleTVがH.265対応(&4K対応だし)になったら買い換えたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

Linux MintをMacで

ubuntu LTS の16.04 にしようか、その16.04をベースにしたLinux Mintもいいかも・・・

で。(笑)

Linux Mint のインストールイメージをダウンロードして、2GBのSDカードにddしてEFI Bootから起動させてみました。

$ sudo dd if="linuxmint-18.1-cinnamon-64bit.iso" of="/dev/disk1" bs=1m

Mint

これはcinnamon(シナモン)というDeskTopです。 ほぼubuntuと変わりないです。好みの範囲かなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

MacBookPro.バッテリー

13inch、mid2009のMacBookPro.なのですが、8年経過してバッテリーが劣化してきました。

「要交換」のアラートは出てるものの、家でちょこっと移動する程度ならバッテリ駆動も一応できている。でも、最近トラックパッドがクリックできなくなり、底蓋をあけてみたところ・・・膨張したバッテリがパンパンになって内部を圧迫してることがわかったのだ。

いかん!

で。 バッテリを外してそのまま底蓋を閉じてここ2日ほど使用しております。

Batno

バッテリーにバッテンマークがついてますが。 なんかバッテリーが実装されてないと意図的にOSが処理能力を落とすとかいうウワサもある。 でもま、今の所違和感なく使えてるし。 停電とかがあったら今までは復電するまでバッテリーで動作継続できたものが電源断になっちゃうなぁ。

しばし様子見して、バッテリーないと困るようなら買えばいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

Macでubuntu

私のMacもそろそろmacOSの最新で使うのは限界になって来ました。(MacBookPro.mid2009) 最新のSierraは公式サポート外なんですな。

El Capitanのままでもいいんですけどね。でも枯れたハードウェアでこそ、安定して動くモノもあります。

はい、今日はubuntuをUSBメモリからbootできるようにしてみました。(実験)

まず、MacはEFIでBootしています。これは搭載ROMのEFIが起動Diskに指定されてるドライブの所定の位置のブートローダを読み込んでBootする方式。例外として、起動時にopt.キーを押してるとスタートアップマネージャなるものが起動します。

このスタートアップ・マネージャとは、EFIボリューム上にあるBootローダによる起動ドライブの選択画面なのですね。ところで、このBootローダをマルチBoot対応のモノを入れることによりext4のubuntuなどを起動ドライブとして指定できるようになるのです。

それが、rEFInd なのだとか。 インストールも簡単で、
$ ./refind-install
ちなみに、削除はEFIパーティッションをマウントしてEFIの中のrefindとtoolsを削除すればいい。

Efi

次にubuntuのインストールイメージ、「ubuntu-16.04.2-desktop-amd64.iso」をUSBメモリ(/dev/disk1)にイメージコピー。1.55GBだったので2GBのUSBメモリで足りますね。
$ sudo dd if="ubuntu-16.04.2-desktop-amd64.iso" of=/dev/disk1 bs=1m

で、おもむろに再起動!

rEFIndのマルチブート選択画面が出て、ubuntuのインストールUSBメモリが見えてますね。ではubuntu起動!

Ubu1

起動すると、選択画面が出て、とりあえずubuntu使う? ・・・インストールする? とか出ます。「とりあえずubuntu起動」を選んで見ましょう。

Ubu2

ubuntuのDeskTopまできました。HFS+のボリュームも見えてるし、BlueToothのマウスも再接続すれば使えます。 ただ、WiFiのドライバが未対応なので有線LANでつないでupdateやドライバを入れることになりそう。

ちなみに、rEFIndの起動指定、起動ディスクで起動ボリューム選択し直したりすると外れちゃいます。そういう場合は・・
$ sudo bless --setBoot --folder /efi/refind --file /efi/refind/refind_x64.efi
とやれば再び起動時にrEFIndが立ち上がるようになります。

USBドライブやUSBメモリの32GBあたりにインストールしてみようかな?(それはまた次に:笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

iTunes

iTunesが12.6.1.25になってます。 macOSも10.12.5が出てますね。WWDC前のupdateかな?

地味に改善された点。(笑)

Itunes

iTunesを小さくして再生してたりしますよね。でも大きくしたいときに左上の黒丸バッテンマークが・・・・ ない! ないない!マウスでカチカチカチ、、 あ、出た、、みたいなbugがあったんですよ。

それが治ってます。 これ地味にうれしい。マジ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

AVRアセンブラ

AVRの開発環境の1つとして、アセンブラを入れよう。 私はMacでAVR-GCC環境である「CrossPack-AVR」をインストールして使っている。これには avr-as というアセンブラも含まれているのだ。

しかし・・・ これ、GCCルールの表記規則に沿ったアセンブラなのだ。

世の中ではAtmelの純正アセンブラ表記のほうが(たぶん)優勢なのだと思う。なので、できればアセンブラもAtmelコンパチにしておきたいわけ。

WindowsならAtmel-Studioを入れれば純正が入ってる(らしい)。がLinuxやMacなどのunix系の人は別途入れないといけないわけだ。

それが「avra」なのですね。

これの「avra-1.3.0」を入れてみましょう。
$ cd avra-1.3.0/src
$ ./bootstrap
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

で入りました。 ところが・・・・ asmしてpass1のあと、

Pass 1...
tn2313def.inc(44) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(48) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(53) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(54) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(616) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(617) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(618) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(619) : PRAGMA directives currently ignored
Abort trap: 6

みたいにignoredだけなのにその後止まって(Abort)しまう。 原因はどーにもわからん・・・
調べてたら、どうやらMac向けにcompileした際に出る問題のようで、すでにpatchが出ていました。

この「osx_fix.patch」を、
$ patch -u < osx_fix.patch
してから再インストール、avra test.asm してみますと、

Pass 2...
tn2313def.inc(44) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(48) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(53) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(54) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(616) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(617) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(618) : PRAGMA directives currently ignored
tn2313def.inc(619) : PRAGMA directives currently ignored
done

Used memory blocks:
Code : Start = 0x0000, End = 0x0231, Length = 0x0232
Code : Start = 0x02D5, End = 0x03FF, Length = 0x012B

Assembly complete with no errors.
Segment usage:
Code : 861 words (1722 bytes)
Data : 0 bytes
EEPROM : 0 bytes

となり、止まらないで最後まで通るようになりました。 これでAVR用アセンブラ、avraがMacでも正常に走るようになりますよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

mp4v2

mp4v2のコマンド系を入れました。

MP4の各種情報を操作できるコマンドですね。私はMP4BoxがISMA1.0にするために必要だったんですが。

今日は動画にChapterを入れてみました。まぁ、なくてもいいんですが、あればあったで便利だし。

Chap

iTunes/mov/mp4/m4vで、こんな感じでチャプタは切ってあるけど内容がただの連番だった、って動画があります。これにちゃんとチャプタを入れたい。

$ mp4chaps -x TEST.m4v
とやれば、チャプタをテキストで書き出してくれます。 それを編集して時間と表示タイトルを変更なり、新規で作れば良いのです。
$ mp4chaps -r TEST.m4v で削除(remove)
$ mp4chaps -i TEST.m4v で追加(insert)

これで、MoviePlayerやiTunes、AppleTVでもチャプタが表示できるようになります。もちろんutf8で日本語もOK。

ffmpegとmp4v2があれば、動画や音声/音楽関係はほぼなんでもOKかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧