2018年2月14日 (水)

ffmpeg3.4.2

ffmpeg3.4.2が出てますね。

Ffmpeg342

HighSierraでbuildしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

HighSierraにhttpd-2.4.29

nasmのサーバが落ちてますね。 どうしたんだろ?

それはさておき。 libvpxを1.7.0にあげました。opensslも1.0.2nが出てますね。上げておくか。

[openssl-1.0.2n]
$ ./Configure darwin64-x86_64-cc
$ make
$ sudo make install

あとはApache(httpd-2.4.29)も上げておきましょう。

[apr-1.6.3]
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

[apr-util-1.6.1]
$ ./configure --with-apr=/usr/local/apr --with-openssl=/usr/local/ssl --with-crypto
$ make
$ sudo make install

[httpd-2.4.29]
$ ./configure --with-apr=/usr/local/apr --with-apr-util=/usr/local/apr --enable-ssl --with-ssl=/usr/local/ssl --with-ldap
$ make
$ sudo make install

起動/終了は、
$ sudo /usr/local/apache2/bin/apachectl start/stop ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

lame-3.100

高音質MP3エンコーダ、LAMEの3.100が出てました。 もうだいぶ前に出てたようなんですが・・・ まぁ〜最近はffmpegでAACエンコードするので、気にしてなかったんです。

でもまだまだ! MP3は現役ですからね。 ところが・・・ エラーでmakeが通りません。



libtool: link: sed 's|^|_|' < ../include/libmp3lame.sym > .libs/libmp3lame-symbols.expsym
libtool: link: gcc -dynamiclib -o .libs/libmp3lame.0.dylib .libs/VbrTag.o .libs/bitstream.o .libs/encoder.o .libs/fft.o .libs/gain_analysis.o .libs/id3tag.o .libs/lame.o .libs/newmdct.o .libs/presets.o .libs/psymodel.o .libs/quantize.o .libs/quantize_pvt.o .libs/reservoir.o .libs/set_get.o .libs/tables.o .libs/takehiro.o .libs/util.o .libs/vbrquantize.o .libs/version.o .libs/mpglib_interface.o -Wl,-force_load,../libmp3lame/vector/.libs/liblamevectorroutines.a -Wl,-force_load,../mpglib/.libs/libmpgdecoder.a -lm -install_name /usr/local/lib/libmp3lame.0.dylib -compatibility_version 1 -current_version 1.0 -Wl,-single_module -Wl,-exported_symbols_list,.libs/libmp3lame-symbols.expsym
Undefined symbols for architecture x86_64:
"_lame_init_old", referenced from:
-exported_symbol[s_list] command line option
ld: symbol(s) not found for architecture x86_64
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
make[3]: *** [libmp3lame.la] Error 1
make[2]: *** [all-recursive] Error 1
make[1]: *** [all-recursive] Error 1
make: *** [all] Error 2


lame_init_old がx64でコンパイルできん! とな? これ、古い32bit用のinitルーチンみたい。削除してみましょうか。

Lame3100

これでmake通りますよ。 ちゃんと最新LAMEがMacで使えるようになります。

Lame3100ok

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

HEVC変換

High Sierra からサポートされている、H.265ことHEVCのビデオフォーマット。

QuickTimePlayerからの書き出しでは、元動画が2Kと4K〜の時だけ、HEVCへの変換が選択できます。でも・・・2K〜4Kじゃない動画だって、高圧縮のH.265で圧縮しちゃいたいじゃないですか。

Finderから、ムービー選択で右クリックすると、「選択したビデオファイルをエンコード」っていうQuickTimeを使う変換機能が使えます。

Movout

でもこれ、H.264しか選べない。(なんだよー!) わたしゃ有無を言わさずH.265のHEVCに変換したいのだ。

で。

workflowでffmpegを利用する変換機能を追加することにした。

Hevcout

こんな感じで、変換してくれる。 変換されたムービーはQuickTimePlayerで再生可能なhvc1のHEVCになるのだ。

Hevc

よしよし。これで2K以下の動画でもカンタンにHEVCにできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

utf8の絵文字対応

unicodeの絵文字対応が進んでいます。

はい、今の時代はテキストのencodeは「utf8」が標準ですよね。これの大元締め、unicodeは年々進化しております。 つまり、同じutf8でも10年前のutf8と今のutf8でも未定義領域に新しい定義が追加されてたりするわけですな。

で。 実験。

最新のmacOS HighSierra で絵文字をutf8で入力。
顔 😄 😓 😱
記号 💢 💤

Highsierra

このテキストをMacOS 10.5.8のG4/Cubeに転送して同じようにutf8で開いてみましょう。

G4cube1058

絵文字に非対応なので、全く表示できません。

次に、最新のunicode10で追加になった部分をiPhoneで検証。
🤪 🧐 とか  🦔 🧛‍♀️ 🥦 らしい。

Ios11

iOS11のiPhone7では全部表示できてますね。

Ios9

しかし。iOS9のiPhone4Sでは、、表示できないわけです。

このように同じutf8でも、対応に違いがあるわけです。
Fontも常に進化している、ということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

H.265とH.264

HEVC、H.265のhvc1をmacOS HighSierraではサポートするようになりました。 ただし、今までのH.264、AVCも引き続きサポートされてます。

Codec

QuickTimePlayerでは、1080P(2K)と4Kは、H.264かH.265かを選べるのです。

Hevc

QuickTimePlayerからの書き出しは720p以下の場合はH.264になりますが、別にH.265の720p以下の動画が再生できないわけではない。

これから動画は2K/4KでなくてもHEVCで圧縮するのがいいのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

APFS起動実験

私のMacBookPro.はmid2009。 つまり、Sierra/HighSierraは動作対象外。

しかし。

なんとかPatchをあてて動かすことができるのだそうです。(HighSierraPatcher

でもまぁ、、安定稼働させるならEl Capitanまでで止めておくのがいいと思うのです。でも、どうやらAPFSからのBootまでサポートしてしまったようなので、これはさすがに試してみたくなり。(笑)

Apfsb

あら。ホントにAPFSから起動できちゃいましたね。 ただし、Optionによる起動先選択からでないと起動はできないです。(「起動ディスク」からの指定では無理)

原理はEFIパーティッションにapfs.efiというapfs対応のBootLoaderを置いておきます。まずはBoot/BOOTX64.efiをおいて起動先として認識させたあと、StartupScript(startup.nsh)からVolume UUIDを特定してAPFS上の"System/Library/CoreServices/boot.efi" によるmacOS起動をapfs.efiに指示する、という方式。

rEFIndとやってることは同じです。APFSからの直接起動が不可能な機種でも、APFSのOSを起動できるわけですね。  SSDに交換したらAPFS起動を試してみたいところではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

macOS10.13.1とiOS11.1

macOSが10.13.1になりました。iTunesも12.7.1に。xCodeも9.1です。

iOSも11.1が出てますね。

10131

iPhoneⅩの販売開始も秒読みですし、2018には新MacPro.も控えている。(GPU強化?)

私のMacBookPro.(mid2009)も8年ですが、結構ガンバってるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

FFmpeg 3.4 "Cantor"

動画の総合toolである、ffmpeg が3.4になっております。

Mac(HighSierra)上でupdateされたばっかの開発ツール(Ⅹcode、CLIなど)でbuildしましょう。

Ffmpeg34

これを使ってhevc(hvc1)へと動画は変換していきます。 いままでH.264の変換もコレだけで行ってきましたし、カットや連結といった簡単な編集から字幕や複数の音声の追加や削除などもやってきたんですよ。

市販の動画関連のToolは、中身はこのffmpegが使われてると思ってまず間違いありません。テキトーなGUIをつけて、「動画変換ツール」を名乗って小金稼ぎするヤツがたくさんいます。

ffmpegオリジナルの使い方に慣れてしまえば、動画で困ることはほぼありません。
感謝ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

Ghostscpipt 9.2.2

UNIX系、FreeのPostscript処理系 Ghostscript が9.2.2にupしておりました。

HighSierra上でbuildしてみましょう。
CIDフォントや設定は9.2.1と同じでOK

Gs922

tiger、golfer、aj1、aj2のExampleを表示してみた。問題なし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧