2018年8月12日 (日)

MacBookAir解析

カミさんのMacBookAir(2010)のSSD/128GBが残容量が少なくなってきました。まぁ、整理すれば空きは作れるようなんですが、やはりそろそろ容量UPも視野に入れたいところ。

まずは中身を拝見。

Pbopener

使う工具は古(いにしえ)のTool、「PowerBookOpener」です。T5、T6のビットだけ買い足せば、まだまだ現役。

Airopen

5星のトルクスは、iPhone用のヤツを太さ調整して流用。ふむふむ。sATAのApple独自コネクタですね。0.8mmピッチかな?

Ssd2010

細い線を拡大してなんとか解析。これらをM.2へとつなぎ変えれば、安価な市販SSDをMacBookAirでも使えるんじゃないかな??

んー、まずはイケそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

shairport-sync

AirPlayのOpenSouce実装、shairport-syncの3.2.1をmacOS、HighSierra に入れて見ました。

$ autoreconf -fi
$ ./configure --with-os=darwin --with-ssl=openssl --with-soxr --with-dns_sd --with-stdout --with-ao
$ make
$ sudo make install

で入ります。 (要opensslやlibao)
Macで実行すると、MacがAirPlayのスピーカとしてネット上から認識されるようになります。

iPhoneからだと、

Shairportsync

こんなふうに。 iPhone上のmusicをMacのスピーカから流せます。(AirPlayできます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

ffmpeg 4.0.1

ffmpeg を4.0.1にあげました。

Ffmpg401

Xcode 9.4.1 とCommandLine Tools にしてから1発目のbuildです。 まずは問題なし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

Mojave(モハヴェ?)

WWDC18が開催しましたね。 これからDevelopperのみなさんは有意義な1週間を過ごすのでしょうね。

新しいハードウェア製品の発表はありませんでした。秋を楽しみに待ちましょう。

今度のmacOSのコード・ネームは「Mojave」モハヴェ?モハーブ? だそうです。砂漠かぁ・・・ 個人的にはダークモードとか興味ないな。 ダイナミック・デスクトップも興味ない。こういう見た目だけのモノは、最初だけですぐ飽きる。

Stacksもどうでもいい。自分でFolder単位でFile管理できる人なら、こんな機能はいらない。使わない。

こういった見た目ではない、目に見えない「中身」の改良の方が重要だ。32bitのAPI(CarbonとCocoa32)の整理統合・廃止がさらに進むだろう。ARKit2がらみで、GPU関連の改良も進むかな。

ってことは・・・ もう9年目のMacBookPro.ではMojaveは無理かな?(ToT) あちゃー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

2018 WWDC

6/4〜8まで開催されるWWDCが近づいてきました。Appleのサイトでも告知が始まってます。

Wwdc18

新製品では、iPhoneSE2(仮称)、MacBookAir/Pro.の新型が出るかな?

先のiMacPro.では、Radeon Vega クラスがGPUとしてこれからの標準になることが示されました。

ってことは。

MacBookにはRadeon統合の「Kaby Lake G」が搭載されるんじゃないかなぁ? CoreMはなくなるらしいので、12inchのMacBookは終了し、AirがRetinaになる??

ま、RadeonVega、USB-C(Thunderbolt3)、Retina、の3つに対応したMacBookがこれからの標準仕様になる気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

MagicMouse再生

ジャンクな初期型MagicMouseを入手しました。1800円。

Magicmouse1

ジャンクな症状は・・・・
・タッチスクロールが全く反応しない。
・電池の接触が悪い(ちょっとしたショックで切れる)
・アルミのボディに経年劣化の塗装ハゲ

まぁマウスとしてのトラッキングとクリックはできるのだ。何回か落下させてこうなってしまったらしい。

では修理してみましょう。

[分解]:MagicMouseは外部から外せるネジは1つもありません。下面アルミボディをまずはひっぺがします。割箸を削ったスクレーパで・・・ぐりっ!と。

Magicmouse2

隙間があいてきたら、指をひっかけて両面テープをバリバリと剥がしていきます。(底の2本の黒いレールは外さないで大丈夫なんです。)

Magicmouse3

下面アルミを剥がしたら、上下を止めているフックを2箇所、コジって外します。

Magicmouse4

これでほぼ分解できましたね。

Magicmouse5

電池の接触不良は、電池の接触板バネを再ハンダし、金具止めの溶着部分も盛っておきました。 あとは・・・ タッチセンサのフレキ・コネクタをしっかりはめ込んでやります。(結構難しい!)

Magicmouse6

あとは上下を再合体。この状態で電池入れて動作確認です。 お、動いた!治っちゃった!!

Magicmouse7

あとはアルミの下面ボディに新しい両面テープを貼り直して・・・ 黒の2本レールをしならせて・・・カッチリハメ戻し。 よし!!

というわけで、今日から私は旧型のMagicMouseをMacBookPro.で使い始めたのでした。スクロール・ホイールがないので、ゴミも入らないし、ゴムがベタベタ劣化する心配もないですよね? んー、あとは慣れだな。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

マウス塗装

もう何年使ってるだろう? Bluetoothのマウスが、塗装がハゲてきました。

Bm1

Bm2

新しいの買ってもいいんだけど、別に機能的な不満はないんだよね。見た目だけの問題。

じゃぁ再塗装してみようか。 ってわけで、バラしてマスキングして、前車Stream(RN1)のボディ色、「マーブル・ベージュ・パール」で塗装してみました。 天気もいいからよく乾きそう。

Bm3

このまま1〜2時間乾燥させたら、再組み立てかな。 さー、楽しみ。(^^)

PS:夕方まで乾燥させて、再組み立てしました。ピカピカの金色マウスです。 うーん、これでまたしばらくは新しい気分?で使えそうです。
Bm4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

FFmpeg 4.0 "Wu"

動画のエンコーダ/デコーダのffmpegが4.0、”Wu" にアップしてます。
早速Mac上でbuildしました。

Ffmpg4

HEVC関係のハードウェア加速機能がいろいろ使えるようになってきてるようです。(旧機種には関係ないか・・・)

そろそろAppleTVをHEVCベースに移行しないといけないなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

ffmpeg3.4.2

ffmpeg3.4.2が出てますね。

Ffmpeg342

HighSierraでbuildしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

HighSierraにhttpd-2.4.29

nasmのサーバが落ちてますね。 どうしたんだろ?

それはさておき。 libvpxを1.7.0にあげました。opensslも1.0.2nが出てますね。上げておくか。

[openssl-1.0.2n]
$ ./Configure darwin64-x86_64-cc
$ make
$ sudo make install

あとはApache(httpd-2.4.29)も上げておきましょう。

[apr-1.6.3]
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

[apr-util-1.6.1]
$ ./configure --with-apr=/usr/local/apr --with-openssl=/usr/local/ssl --with-crypto
$ make
$ sudo make install

[httpd-2.4.29]
$ ./configure --with-apr=/usr/local/apr --with-apr-util=/usr/local/apr --enable-ssl --with-ssl=/usr/local/ssl --with-ldap
$ make
$ sudo make install

起動/終了は、
$ sudo /usr/local/apache2/bin/apachectl start/stop ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧